7sGood
トップABOUTブログ
新規登録|ログイン
爪(つめ)は、有羊膜類の指の先端の背面にある、表皮の角質が変化・硬化して出来た皮膚の付属器官。 体毛や歯と同じく、鱗から派生した相同器官である。哺乳類では種によって特化している。ここでは、主にヒトの爪について説明する。他の動物の爪については扁爪・鉤爪・蹄を参照のこと。 表皮から変化して出来た点においては、爪と毛を総じて「角質器」とも呼ぶ。爪が指先を保護するおかげで、手足の動作において指先に力を加えたりうまく歩いたりできるなど、爪は動物にとって重要な役割を果たしている。爪の下部には毛細血管が集中しており、爪は血液の健康状態に影響されやすい。

マジックオルガン 猫爪とぎボード

1,039