7sGood
トップABOUTブログ
新規登録|ログイン
サンスクリーン剤(サンスクリーンざい、英: Sunscreen)は、皮膚に当たる紫外線から防御することで、日焼けや皮膚の光老化を予防するための製品である。日本国内法においては日焼け止め化粧品に該当し、単に日焼け止め(また、日やけ止めとも表記)とも呼ばれる。形態としてはクリーム、ローション、ジェル、スプレーなどがある。また飲む日焼け止めも増加してきたが2018年時点で従来の外用剤を置き換えるものではない。 日本では「日焼けによるシミ・そばかすをふせぐ」の効能表示が承認されている。酸化チタンや酸化亜鉛(紫外線散乱剤)の安全性は確認されているが、主に他の成分(紫外線散乱剤)が体内に吸収されるとして、2019年に米国で安全性確認の強化の動きが起きている。紫外線防御の指数として日本での表記では、紫外線B波を防ぐSPFでは最大値を50とそれ以上であれば50+とし、紫外線A波を防ぐPAでは「+」が4個まで増加していく。SPF15以上で皮膚がんのリスクや老化の兆候を減らす。有害作用と環境汚染について議論がある。

【日焼け対策】UPF50+日焼け止め服 | レディース・薄くて軽い生地・様々な適用シーン

989