7sGood
トップABOUTブログ
新規登録|ログイン
日焼け(ひやけ)は、紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす急性症状(サンバーン sunburn)と、人体の色素のメラニンが皮膚表面に色素沈着すること(サンタン sun tanning)である。サンバーンでは日焼けから2-6時間後には赤くなり次第に痛みを増し、しばしば後日に皮剥けを起こすが、サンタンは数日後に見られやや遅い。日焼けの影響として皮膚がんが知られる。 日焼けの治療には、日焼けが軽度であれば、保湿したり、冷やしたり、脱水に注意して水分補給を行う。日焼けの防止には、日傘や帽子、衣類を用い、露出部位に日焼け止めを使う。

『日焼け防止 遮光UPF50+日傘』折りたたみ傘│日傘兼用雨傘・耐風撥水・軽量・UVカット率99.9%・熱中症対策・ワンタッチ自動開閉・きれいなデザイン・男女兼用・梅雨対策

1,199