7sGood
トップABOUTブログ
新規登録|ログイン
カッピング療法(カッピングりょうほう)は、熱したガラス容器(吸い瓢、吸いふくべ、吸角)を用いて皮膚を吸引し、その部分を鬱血状態にすることによって治療に役立てるという代替治療である。東洋・西洋において伝統的な医療として行われている。別名として、吸い玉療法、吸角法などが挙げられる。

『人気応援商品』ヘッドマッサージャー|筋肉をほぐして頭のコリを解消すると、自宅で簡単にヘッドスパ気分を味わえるアイテム

1,529